旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夜と霧 | main | テロリストだったかもしれない自分 >>

目に見えない世界を信じる

人生って、不思議!
って思うことは日常の中に時々あるけれど、この日はなかなか面白かった。

ボランティアで手伝ってくれていたロシア人の女の子がヒッチハイクで西に旅立った。ちょうどいいバックパックと丈夫な靴がないので、私のを貸してあげる約束をしていた。あんまりプランも考えずに、ドキドキしながらも、なんとかなるよ!ってはにかむ彼女を見てると、これがバックパッカーだよなぁって思う。

前日の夜、バックと靴を渡すと同時にランチをしようということになり、待ち合わせの時間を迷った末、11:45に中野駅の北口で待ち合わせることに。

そして、当日。
おばちゃん根性で彼女に渡そうとみかんとかお菓子なんかを詰めていたら、5分くらい遅れてしまった。
走って駅に向かう。
ベンチあたりでこちらに手を振る彼女を発見。
すると、日本人の男の子と二人で一緒にいる。

彼氏??一緒にヒッチハイク?

はてなマークいっぱいに近づくと、二人も、お互いびっくりしたんだよ!と笑っている。

なんと彼はロシアの小さな街に留学中に彼女と同じ大学に行っていて、二人は友人だった。2年ぶりくらいの再会。事情があって、ネットの連絡先も無くしてしまって音信不通だった。

彼女が駅前で私を探していたら、なんと彼が前を通りすぎ慌てて声をかけた。
彼は明日海外に行くため、たまたま東京に来ていて、しかも巻きたばこを買うためにたまたま中野に来たんだそう。

とにかく3人でご飯食べましょう、ということになった。

小一時間の食事の間、彼は何度も人生って面白いですね、と言っていた。

私も世界の旅行中や、東京の街で、びっくりするような再会を何度もしたことがある。そして私が一緒にいる時に、びっくりする再会をした人たちが何人もいる。


先日亡くなられた水木しげるさんの、幸せになるための七か条の最後。

第七条 目に見えない世界を信じる。

そういう力って、絶対ある、って自由な気持ちで旅をすればする程に、思うんだよなぁ。
そんなことを思った嬉しい日でした。
 
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう