旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宮城、仙台の旅2日目 塩釜から松島に | main | ミャンマーとインド東北部 >>

街と人生

 久々の更新です。すみません。

今日中野の南口にある、一匹一匹を丁寧に焼く、天然物のタイヤキを買って事務所に行きました。たいやきが焼きあがるまでに時間がかかるので、ベンチに座って、無料でいただけるほうじ茶を飲みながら待っていたのですが、この場所、以前は八百屋さんだったんですよね。

八百屋さんをやめる少し前には立ち飲み屋も夕方から始めて、私も他のお客さんと肩をつき合わせて飲んだなぁ、って、ふと記憶がよみがえってきました。

今はタイヤキ屋で、以前や八百屋さんだったということを知らない人もいるだろうし、そろそろタイヤキ屋がなじんできて、八百屋さんの記憶が薄れてきたかもしれない時期。

中野の駅の周辺の街は、そんな風に、あちこちお店が入れ替わったりして、そのたびに、あっ、新しい店だ!今度行ってみよう、と思ったりするわけですが、以前店をやっていた人にも、これから店をやる人にも人生があって、そのみんなの人生が今のこの街のひとつひとつになっているんだな、ともうすぐ中野住民として10年になるとしみじみ思ったりします。

ネコがウロウロしている鳥皮の酢の物が山盛りに出て来る焼き鳥屋もないし、昔から古かったなんていわれてた喫茶店クラシックもないし、私がまだ若かったときに小料理やスナックなどのママさんたちに接する機会をくれた45番街もあとひとつお店が残るだけ。いろんな人生と一緒に街の姿も変わってきました。

旅をして面白い街というのは、多分、そういう風にして、人の営みが作り上げている町なのかもしれない、と、ふと思ったり。

久々の更新ですが、タイヤキを買って思ったことでした。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう