旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅はいつまでも、旅。 | main | 2011年9月 仙台の旅 1日目 >>

男が旅をしない時代?

実に久しぶりの投稿です。

独立起業から、創刊号の制作、販売宣伝と、
本当に目の回るような半年間でした。
苦心の末に世に出した雑誌はこちらです。
『アジアの雑誌』
どうぞ、お見知りおきを。

さて本題です。
先月のバンコクは、日本人観光客がとても多かったように思います。
震災・節電の影響で、例年よりも長めの休みを取る会社が
多かったからなんて話もあります。
震災で旅行を延期していた人が、この夏に大挙したのかもしれません。
で、その多くが女性。
若い男性もいるにはいますが、数は少ないような気がします。

「男が草食系になった、情けない!」
「男は日本に引きこもってネット見てるだけ」
「男は海外旅行をしなくなった」

確かにそんな傾向はあると思います。

タイにやってくる日本人旅行者のかなりの部分が女性です。
ショッピング客も、バックパッカーも、
女性のほうが多いように思います。
ひとり旅の姿も、いまや女性のほうが目立つ気がします。
男性は、買春オジサンは過剰なくらい元気いっぱいなんですが、
ガッツリと旅をしようっていう若い男性は確かに少ない。

昨年末に行ったウズベキスタンでは、
4人の日本人旅行者と出会いましたが、全員が女性でした。
彼女たちがその旅の中で会った日本人もやはりすべて女性で、
男性は誰もいなかったそうな。

男はいったい何をやっているのか?

……と言われがちな時代ですが、それでも少数ながら、
旅をする野郎はいつの世にもいるものです。

先日、某大学の学生さんふたりが、
私のオフィスに遊びに来てくれました。

東南アジア諸国を1か月に渡って旅をして、
行く先々で現地在住の日本人に会って話を聞きつつ、中国まで北上、
そのまま北京の大学で留学生活に入るということでした。

私なんぞの話に耳を傾けて、
真剣にメモなんか取っちゃったりする貪欲さ、
将来はアジアを舞台にビジネスをしたいというひたむきさ、
そして旅の経験、海外の経験がほとんどないながらも
一生懸命に旅をしていこうという真摯さに、オジサンは感激しました。

旅をする男は、ちゃ〜んといるんです。

流行に乗るかのように旅をしていた人々が減っただけで、
旅人はいつの時代も一定数、必ずいるのだと思います。

時代もあるし、不況もあるし、男の肩身は狭い。
旅行どころじゃない男も多いでしょう。
それでも世界を見てやろうという奴は確実に存在する。
そう思わせてくれた、学生さんたちでした。

海外の旅 | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう