旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日は旅の日 | main | 旅で自分は見つかるのか? >>

外国人からのどうして!?に答える

普段の日常でも、どちらかというと、時間の感覚が一定ではない生活をしているのに、震災後はどういうわけか更にもっとずれてきている気がします。1ヶ月弱もここの更新をしていないなんて気づかずにいました。

今、3・11以前と以後、変わってしまったことについて感じたり、考えたり、という日々が続いています。

東京で変わらない景色の中にいると、実は何にも変わってなんかいないような、そんな気持ちになりますが、私自身について言えば、やっぱり変わってしまいました。

お気に入りの喫茶店のオーナーさんも、特に何も変わっていない雰囲気で迎えてコーヒーを淹れてくれますが、あらためて話をすると、いろいろなことが変わった、と。変わっていないように見えるけれど、多くの人が変化の中で日々の生活を営んでいるんだと思います。


知り合いの外国人と話をしていると、日本の今回の震災について、どうしてそうなんだ?!という質問を多く受けます。

例えば、家のローン。
ある国では、自然災害で家が駄目になってしまった場合においては、ローンの返済義務はなくなる、というあらかじめ契約がなされてるそうで、二重ローンについてはさっぱり理解できないと。なんで、そんなひどいことを許すんだ!と怒られます。現在は、その辺りの救済処置を民間の弁護士の方々が頑張ってされていると聞きましたが、あらためて外国人にそういうひとつひとつを突っ込まれると、なんとも答えに苦しんだりします。

声をあげない日本人、怒らない日本人。

それが日本人の良いところだ、ということもいえるのかもしれないし、私自身もなんとなく、変わってしまった自分の日常に折り合いをつけることは、自分の責任であるという風にも思ってしまっているのですが、日々、違った価値観をもつ外国の人たちと話をすると、これではいけないのではないか、と思ったりします。

ただ、やっぱり、私には判断は難しい。
とにかく、ひとつひとつ、そのいろいろな価値観なり変化なりを積み上げていくことで、少し過ぎてから結果とか形が見えてくるのかな、と思っています。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう