旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅の意味について | main | 外国人からのどうして!?に答える >>

今日は旅の日

今日は旅の日、だそうです。
今日始めて知りました。。

インターネットが普及をして、生活のスタイルも変化したように、旅の仕方もずいぶんと変化をしました。たくさんの旅人が、旅のレポートをブログなどで書いてくれて、貴重な情報源になったり、リアルタイムの旅行記を読んでいるような気持ちにもなれます。友達にもすぐに連絡が取れるし、世界中のニュースがネットがあればいつでも読める。すごく便利な時代です。

ただ時々思うのは、この表に出てきている情報が、世の中で起きていることの大半のことであると、勘違いしてしまうような錯覚に陥ることがあるのではないか、と。

私もこうしてブログを書いているので、あんまりこういうことを書きたくないのですが、でもちょっと書いてみます。

ブログを書く私という人間は、書かない人間とはちょっと違う人物である、といつも思います。不特定多数の人に向けて書いているわけですが、たとえば、ブログ、ツイッター、フェイスブック、しかもブログもいくつかあるとそれぞれに、文体も書く内容も変わります。

えーと、何が言いたいのかと言うと、旅をしていて、出会う人たちと話をして「面白い!!」と思うことって、実はネットにかかれないことが多い。ネットは全然やらないよ、と言う人は少なくなりましたが、そういう旅人と出会って話をすると、びっくりするくらいに面白い旅をしています。出会わなければ聞けない話。

これはもちろん人によって違うわけですが、ブログを書くこと自体が、旅の目的となってしまうと、旅自体の面白さはいくらか減ってしまう可能性があります。逆に、ブログを書くことで、面白い旅が出来る人もいると思います。

私が旅の間に何冊ものノートに書きとめた日記は、読み返してみると、その半分以上は人に見せられません。もう本当に無理です。でも、面白い。文章が面白いとかではなくて、こんなことがあって、そんな風に思ったのか、私、とか。

旅に出ることは、すごいこと!と思われたりして、何十カ国も旅したよ、なんていうと、本当にすごい!といわれたりするけれど、実はそんなことは全然ない、残念ながら。。もちろん、すごいかもしれない体験もしたにはしたけれど、日記を読んでいると、グダグダな自分がそこにいる。

日本できちんと生活を日々営むということのほうが、実はすごいこと!と、やっぱり思ってしまうのです。

それでも、旅はいい。
すごくなくていいから、旅はいいんだと、思います。

あれ今日もまとまらないけど、旅の日ということで、ご勘弁を。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう