旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< バックパッカー今昔 | main | Please remember "Fukushima" is big prefecture >>

震災と観光業について

今回の大震災は、今、東北のみでなく、東京、そして日本中の観光業にも、かなり深刻なダメージを与えています。中野で営んでいるゲストハウスにおいても、特に外国人の方に関してはずいぶんと人数が減ってしまいました。

これはもうこういう状況では、普通の努力をしてもなかなか難しいことなので、出来ることを順番にして、ゲストが居ない分暇になった時間で救援物資を集めることをしたり、海外に向けて、東京の現在の状況をフェイスブックなどを通じて発信したりしています。

東京でも直接的な被害が少ないのにも関わらず、日々の情報の錯綜や放射能への怖さによるストレスと、観光業については今しばらく先の見通しが立たないような状況である事を思うと、北関東、東北に至っては、もう本当に困っていらっしゃると容易に想像がつきます。

先日、ある福島出身の女性に相談事をするため話をさせていただく機会があったのですが、福島といってもとても広いのに、原発に福島と名前がついているものだから、福島県全体が全て危ないような印象が出来てしまったのが困ったことのひとつですとおっしゃっていました。

確かに、今のままですと、チェルノブイリ、スリーマイル島に続いて、福島、ということになってしまう。

現在、ゲストハウスとしては、周囲やお客さん、外国人の人たちに救援物資などをお願いしているところですが、東北、特に福島の観光業にたいして、何かお手伝いを出来ればいいかなと思っています。自分たちが落ち着かなくちゃいけないのもあるので、すぐに何が出来るのかというのは考えているところなのですが。

震災から、1日1日と時間が過ぎていき、さらに現実と向き合っていくという時期にも入ってきました。
生活をしながら、ひとつひとつをやっていこうと思います。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう