旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 余震続く、がんばりどころ。 | main | それでも東京に行くから。 >>

外国人の東京脱出はひと段落

ゲストハウスの外国人のゲストたちの帰国、あるいは西への移動がひと段落しました。フランスの人たちの場合には、政府が飛行機を用意して、大使館に電話をすると、今晩逃避できるから今すぐ成田に行くように、という具合でした。まだ二十歳そこそこの女の子は、その緊迫した空気に恐怖を感じていたのか、涙が止まらない様子で本当に可愛そうでした。

現在は状況を自分で把握して、残っている人たちがほとんどとなったので、情報錯乱との戦いや、たくさんの不安を受け止めることもなくなり、ちょっとほっとしているというところです。ただ、明日は北の方から来る人たちもいるので、また出来るだけ努めます。

あとの問題は現スタッフが外国人なので、ひとまず東京から離れてもらう予定です。
遠く離れた場所で、家族がものすごいニュースを見て、ずっと心配させてしまうというのは、それだけで大変なことです。今回、外国人たちが帰国する際に一番言っているのは、お母さんが本当に心配していてどうしようもない、ということでした。お母さんはどこでもお母さんです。
なんとか状況が好転するまで、西の方へ旅に出てもらって、安心してもらえればいいのですが。

この状況を分かっていて、それでも手伝いに来たいといってくれていたフランス人の女の子にも延期をしましょうと伝えました。

中野の町を歩いていると、相変わらず、ゼロホールの前ではダンスの練習をしている子達であふれているし、情報がなにもなければまったく平和な風景。このゲストハウスで起こっていた喧騒とはあまりにかけ離れていて、何が本当なのか、ちょっと現実感がありません。

そんなこんなで、このバタバタの中、今朝、ネコのカリカリがほとんどなくなっていることに気がつき、先程あわてて買いに出かけました。なんと最後のひとつで、ネコのカリカリもこういうときはみなさん常備するんですね。この間、トイレのすっぽんを買いに行ったときに、何でこんなにもたくさん人がいるんだろう?と不思議に思っていたのですが、そういうことだったのか、とあとで気がつきました。すっぽんだけ買ってる場合じゃなかったんだ。

今日はずいぶん落ち着いたので、少し早く帰って、お風呂にでも入ろうと思います。
明日からのことは、これから考えます。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう