旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Facebookを使っていて思うこと | main | 異境、辺境、秘境としての酒場 >>

アジアカップ日本優勝おめでとう。で、なぜかサラエボを思う。

昨晩(今日の朝?)は、アジアカップ観戦で緊張して、体のあちこちが痛いです。
優勝! 良かったです。
おかげで寝不足でもお仕事がはかどりました。

スポーツを観戦すると、時々思い出すことがあります。
2000年に行ったボスニアへの旅のこと。

内戦の傷跡がまだまだ残っていたユーゴスラビアやボスニア・ヘルツェゴビナ。

ユーゴスラビアのベオグラードでは、戦争やアメリカを皮肉ったポストカードやTシャツなどがあちこちで売られ、そんな町で写真を撮っていると、兵士が近づいてきてフィルムを抜かれそうになったりしました。

それは確か、サラエボ。
少年たちが内戦のせいで廃墟同然の建物の間で、バスケットボールをしていました。
エネルギーを消費するのには、戦争もスポーツも同じかもしれないよ、というようなことをさらっと言葉にする少年たち。

一人で劇場に映画を見に行った時。
確かニコラス・ケイジか誰かが出ている、こてこてのハリウッド映画だった記憶があるけど、そこに集まっている人たちも、ものすごいエネルギーを醸し出していた。映画という娯楽を、全身で楽しんでいるといったような。

スポーツ観戦すると時々思い出すのは、あのバスケットボールの少年たちとあの人々のエネルギー。

もうあれから10年以上になるんだ。
あのときの、空爆写真とWindows95をくっつけて皮肉ったあのポストカード、まだどこかにあったかなあ。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう