旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< エンテツこと遠藤哲夫さんが旅人文化ブログに! | main | アジアカップ日本優勝おめでとう。で、なぜかサラエボを思う。 >>

Facebookを使っていて思うこと

海外の友人や知り合いが多いのでずいぶん前からFacebookは使っているのですが、ここ最近日本でもかなり話題になっているみたいでちょっと驚いています。

Facebookが日本人に合っているのかどうか、という議論が時々されるみたいで、私も考えてみたりするのですが正直私には何ともいえないなあ、と思っています。
でも逆にどうして、ここまで全世界でユーザーの口コミで広がってすでに当たり前のように使われているものが、日本では今頃になって、しかもメディアに取り上げられるようなかたちも含めて、話題になり使う人が増えていくという現象をみると、やっぱり日本というのは独特な文化を持った国なのかもしれないな、と改めておもいます。

海外を旅していた時に、宿などで仲良くなった人たちと話をしていて、時々、ちょっとした疎外感を感じることがありました。

そのうちのひとつは、お菓子の話。

ヨーロッパの国々は、違う国でも同じお菓子を子供時代に食べていて、ああ、あれおいしいよね、という話になる。共有している部分がすでにあるから、なんだかうらやましいなあなんて思ったりもしました。

日本のお菓子は、もう全部日本のオリジナル。今でこそ、スニッカーズとかティムタムとか、外国のお菓子が簡単に手に入るけど、それでもやっぱり、明治、グリコ、森永、カルビーとか。そんなお菓子は逆に海外の友達の子供に送ってあげたりすると、すごく喜んでもらえるのでありがたいんだけど。

でも、これはヨーロッパとかアメリカのおはなし。
Facebookについては、アジアでもすごく普及している。これをどう考えるか。

私もはじめは外国人の友人から勧められたのがきっかけではじめました。はじめは使いかたもよくわからないけど、友人と連絡を取り合うのに、メッセージを使うと便利だということでなんとなく続けてました。

その後、2年前にヨーロッパに行ったときに、今、イギリスにいるんだ、と何気なくコメントを書いたら、ヨーロッパの友人たちが、え、いつまでいるんだ、その後どこに行くんだ、という風に、普段Facebookをあまり使っていない私のコメントに一斉に反応してくれて、すごく驚いたのを覚えています。そのときは予定がほとんど決まっていたので、実際に現地で会うことは出来ませんでしたが、もう1週間ほどのフリータイムがあれば、何人かと会ってこられたのになあ、とあとあと思いました。

なので次回は旅行に出かける前に、Facebookにコメントを出しておこう、と思っています。

いずれにしても、今後は日本でもどんどん普及はしていくかなと思います。
やっぱり、友人が使っているから、というのが一番大きな理由になるかなと思うから、そういう風に広まって行くのかな。
- | permalink | comments(0) | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









mariko_yamamotoをフォローしましょう