旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フィンランドにとって日本はイタリアよりも近い国 | main | サラリーマンNEOとイタリア人 >>

今更なのだと思いますが、新聞について。

大人と呼ばれるようになってもうかれこれ10年以上は経ちますが、未だに分からないことや知らないことがたくさんあるなあと、日々、誰かと話をするたびに思うこのごろです。

少し前ですが、地下にもぐったところにある飲み屋で飲んでいた時に、地方紙についての話が出ました。

私は愛知県の三河の出身で、幼少時代は中日新聞を読んで(子供なのでテレビ欄を読むわけですが)いて、それが当然に思っていて、少し大きくなって新聞配達のアルバイトをしたときに、読売や朝日を取っている人もいるんだということを知って、なんとなく、ふふーんと思っていました。

でも、そのことについて深く考えることもせず、大人になって、東京に来て、東京の人たちが朝日や読売を読んでいる横で、東京新聞を取ってみたりしていて、そのときも深く考えもしなかったのですが、その飲み会の時に重大なことを知ったのでした。

私は、今までの人生の経験で、日本全国にはそれぞれに中日新聞のような地方紙があって、みんな地元の新聞を読んでいるのだとばかり考えていたのですが、どうもそういうわけではないということ。

逆に言うと、いくつかの大きな地方紙が全国にはあるけれど、そうでない場所のほうが多くて、みんな朝日や読売なんかを読んでいるんだそうです。

なんかこんなことをあらためて書いているのは、ちょっと恥ずかしいのですが、私にとっては何かものすごい驚きで、そうだったのか!と感激すらしたのでした。

地元でずっと生活をしていたらば、もしかしたら一生そういうことも知らずにいたのかと思うと、とても不思議な気持ちになります。あるいは、地元を離れてすでに10年以上過ぎているので、そういう状況というのは何かしら変化しているのかもしれないですが。

どっちにしても、そういうことは知っていても知らなくても、大して生活に影響があるとは思えないですが、なんかこういう一つ一つのことを驚きながら知っていくことについては、大げさですがどこか人生に影響を与えているような、そんな気がしないでもありません。

旅雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
mariko_yamamotoをフォローしましょう