旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅人だからといって毎日歩き回っているんじゃないのです | main | 六本木の女が日本人の代表じゃない >>

旅人は保険に入っている?

まだ旅に出る前の人たちから旅の相談を受けると、いろいろなことを聞かれるのですが、そのうちのひとつが保険です。

数ヶ月、あるいは1年以上の長旅に、保険はかけたほうがいいのか?

これは結構考える問題ですね。長くなればなるほど、保険も高くなる。数万円は軽くいってしまいます。

でも、私はいつも経験から、入ったほうがいいよ、と言います。

これはもう本当に経験なのですが、私は何度か保険に助けてもらってきました。

オーストラリアで暮らしていたときには、現地にある保険会社と提携している病院で、ちょっと風邪をひいたというような場合でもキャッシュレスで見てもらえたので、とても心強かったです。

その後、その保険が切れて、当時まだオーストラリアにいたので、そこでまた保険に入りなおして、今度はアジアに旅にでました。

その数ヵ月後、タイで原因不明の高熱が出て、ほとんど歩けない状態になり、そのときにもそのオーストラリアの保険会社が提携している病院で、キャッシュレスで1週間ほど入院しました。

その他、フランスではミレニアムのお祭り騒ぎの人ごみの中で、カメラを無理やりに奪われて、それもカバーしてもらいました。

そんな具合に、何度も助けられていると、どうしても入ったほうがいいよお、と言いたくなってしまうのです。

物が取られるのは、まだいいのですが、突然病気になったときは相
当に気持ちがダウンします。高熱が出て歩けなくなったときには、もしかしたらこのまま死んじゃうんじゃないか、なんて考えたり。

その後の旅でも、保険をかけて何事もなかったということも多かったですが、安心料と思えば無駄だなんて思いません。

日本でこの頃よくCMなどで見かける病気の保険についてはよく分かりませんし、実は私はそういった生命保険のようなものにはぜんぜん加入していないのですが、海外旅行保険はちょっと別物だと思ってます。日本にいればなんとかなることも、旅行中はどうにもならないことが多いから。

今日はなんだか、保険屋さんの宣伝みたいになってしまいましたね。
旅のノウハウ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
mariko_yamamotoをフォローしましょう