旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 無知な人が旅にでるということについて | main | 旅で回る文庫本 >>

アメリカ人に日本語の語源を教えられた

昨日、アメリカ人と日本語で話をしていて、松坂が登板するホワイトソックスの試合を見に行ったんだという話題になりました。

「よくチケットが取れたね」
と聞くと。
「スタジアムのチケット売り場に行くと当日券が売っているんだよ」
と教えてくれました。

「それはダフ屋じゃないの?」

「違う、ダフ屋じゃないよ。シーズンチケットを買ったけれど、予定があって来られなくなった人たちのチケットを、そうして当日スタジアムで売っているんだよ。」

「へえ」

「それにしても、日本語って面白いよね。ダフ屋とかさ」
と彼が突然そんなことを言い始めました。

「だってダフって、もともとは札だったんでしょ。それで、闇で取引するときに別の言い方にするためにダフって言い始めたんだよね。日本人ってそういうのが好きだよね」

「ええ、ダフって札だったの?知らなかった」

妙に関心した私は、早速ネットでダフ屋の語源を調べると、まさにその通りでした。これって、実は日本人の常識なのかしら?私が知らないだけ?と心配になりますが、アメリカ人にそういうことを教えてもらうなんて、私も知らないことがいっぱいあるんだな、とあらためて思ったのでした。
日本文化と海外 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
mariko_yamamotoをフォローしましょう