旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅にカメラは必要か? | main | 日本はどういう国なのでしょう >>

検索キーワード ゴスロリ そしてオタク

時々、どういう人たちがこのページを見てくださっているのだろう?とアクセス解析を見たりするのですが、このごろ、検索でたどり着いている人たちでとても多いのが、フランス・ゴスロリです。

しばらく前に、フランスのゴスロリについての記事を書いたので、そこに到着するのだと思いますが、すごい人気ですね。

今日、韓国からひとり旅に来た女の子と話をしていたのですが、韓国のガイドブックとかサイトには、中野のブロードウェイがずいぶん大きく取り上げられているそうです。「オタクの聖地」ということで。

前にも書いたと思いますが「オタク」というのはすでに世界共通言語になりつつあって、少し外に目を向けている外国人と話をしていると、「オターク!」といえばちゃんと通じます。

ウィキペディアの英語版でも、オタクについては日本語ほどではないですがずいぶん説明をしています。お宅と漢字を使う場合とは違って、ひらがなまたはカタカナで表されると言ったことも丁寧に書いてあったり、秋葉原の写真が載っていたり。

どうして、日本の文化というか、いろいろなものが、世界のあちこちで受けるのでしょうか?

以前、大衆食の会の会長エンテツさんと、日本はいっそうのこと、このまま博物館化してしまって、それを外国人に売って食べていけるんじゃないか、と飲みながら話ていましたが、飲んでいなくとも、それっていいんじゃないかと常々考えちゃうのでありました。戦争なんかしなくていいでしょ、そうしたら、なんて。
日本オタク文化 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
mariko_yamamotoをフォローしましょう