旅人文化ブログなんでも版

旅ってなんだ? 旅人ってどんな人?
よく分からないけど、旅って面白い!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日本食、お墨付きがあるから行くなんて、ね | main | 自分探しの旅 >>

旅の途中で知った日本

地方都市で生まれ育ってそのまま外国に旅に出たりすると、いろいろと自分が日本について知らないことがあるんだなあ、ということに出くわします。

今は、その差は昔よりもなくなったのかも知らないですが、都市でのスタンダードみたいなことは、田舎で育った私にはすっかり分かりませんでした。

今年は花粉症がいつもよりも早く症状が出てきて、目が痒いとか鼻がずるずるするだけでなく、顔はかぶれて痒いし、頭はボーっとするし、手の皮は向けるし(どこまでが花粉症なのかわかりません)、泣けるほどに辛いです。

でもでも、かれこれ7年ほど前に旅をしていたときには、花粉症という言葉さえ知りませんでした。旅で出会った人が、今帰国したら花粉が飛んでいて嫌だよなあ、と話をしていて、ものすごーく不思議に思ったものです。花粉が飛んでいて何が嫌なんだろう?って。

しかも、話を聞いていくと、マスクをしたりゴーグルをしたりしているという。なんとも都会の人はおかしなことをするものだなあ。

今では、あの頃の自分が信じられないです。東京に住み始めて2,3年目くらいかな、花粉症にかかりまして、もうすっかりおなじみです。

あと、飲食店のチェーンとかも。今では全国で定番のカフェ、スタ○や、ドトー○とか、そんな名前が旅の途中で出てきても、さっぱり分かりませんでした。どうして、みんながちゃんと知っているのかがとてもとても不思議でならない。

とはいえ、これはまだインターネットが普及しはじめたころの話。
今は世の中も情報も、ずいぶん変わったのかしら、と思うこの頃です。
出会い | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
mariko_yamamotoをフォローしましょう